いびきの体験談や豆知識カテゴリのサイトマップ

いびきの体験談「救急外来に駆け込むと、膜下出血でした。」
急激な頭痛を起こし、救急外来に駆け込むことになりました。診断は、なんとくも膜下出血でした。幸い、1か月で退院でき、後遺症もありませんでしたが、このいびきが前触れだったのです。

いびきと肥満の関係「肥満の解消と同時に耳鼻咽喉科など診察を」
いびきは肥満が直接の原因というわけではありません。気道が狭くなる原因となる鼻や喉の疾患がもととなっている場合もあるようです。

いびきの体験談「マットレスを変えてみました」
正直に言いますと、私は自分で「いびき」を確認したことがありません。中々、自分の寝ているときの動作など知る機会はありませんし、一人で寝起きしている人は、いびきなどをしていても、教えてくれる人がいません。

いびきの2つの弊害と改善グッズ
いびきによる2つの弊害を防ぐため、マウステープなどで呼吸を鼻呼吸にするトレーニングを。

睡眠時無呼吸症候群の定義とは?
「無呼吸」とは、具体的には10秒以上の呼吸停止と定義されています。

睡眠時無呼吸症候群が、危険なのはどうしてでしょうか。
睡眠時無呼吸症候群は、酸素不足が深刻なため、生命の危険につながる大きな病気を引き起こすことがあります。また、いびきによって眠りが浅く疲れが取れないため、日中の業務に支障をきたすことが社会問題になった例もあります。

「睡眠時無呼吸症候群」は何科の医者で診てもらう?
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、酸欠で脳が休めず、昼間の睡魔が仕事や生活に悪影響を及ぼします。耳鼻咽喉科や呼吸器内科、いびき外来などで診察を受けましょう。

舌の筋力不足
いびきの原因のひとつとして、舌の筋力の不足があります。舌のトレーニングをおすすめします。

ICレコーダーでいびきをチェック
自分のいびきを確認するには、録音するしかありません。最近はICレコーダーでばっちり録音して確認することができます。

自宅でできる無呼吸症候群の検査キット
自分のいびきはわからないもの。家族に心配な人がいたら、郵送で無呼吸症候群の検査ができるキットをつかってみても良いでしょう。

パートナーが急にいびきをかきだしたときは?
普段はいびきをかかないのに、急にかきだしたときは何かしら理由があります。環境の変化や疲労、場合によっては脳の病気の可能性も。

睡眠計やアプリで自分の眠りをチェック
寝ることはとても大切です。不眠症や睡眠時無呼吸症候群などの不安から、睡眠計や快眠のためのアプリなども登場しています。