「救急外来に駆け込むと、膜下出血でした。」

寝室の女性

40代の主婦です。以前はかかなかった、夜中のいびきがひどくなってきて、主人に指摘されるようになりました。
きっと日ごろの疲れが出ているのだ、なんて簡単に考えていましたが、日に日にひどくなっていきました。
時には無呼吸状態になったように、呼吸が止まり主人がびっくりする時もあったようです。

そんな矢先、急激な頭痛を起こし、救急外来に駆け込むことになりました。
診断は、なんとくも膜下出血でした。
幸い、1か月で退院でき、後遺症もありませんでしたが、このいびきが前触れだったのです。
いびきの原因は、のどの筋肉がせまくなっておこる症状です。これがひどくなると無呼吸症候群になっていきます。
原因は肥満でした。わたしは年々体重が増えてそして血圧が高くなっていたのです。
血管に負担がかかり、とうとう脳の血管が切れてしまったのです。たかが、いびきなんて考えていたわたしはバカでしたね。
いびきは脳の病気の前触れだったのです。怖いですよね。