こんないびきは危険ですか?

寝室の女性

いびきで大きないびきや呼吸が止まるいびきは要注意です。睡眠時無呼吸症候群かもしれません。
「無呼吸」とは、具体的には10秒以上の呼吸停止と定義されています。
1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上無呼吸があると「睡眠時無呼吸症候群」と診断されるのです。

このことによって、睡眠をとっているにもかかわらず質の良い眠りではなくなってしまうため、昼間起きていても眠気がなかなか取れない状態になってしまいます。
熟睡感もなく、起きた時に頭痛がする、などの症状もあります。

また、睡眠時無呼吸症候群は、肥満や高血圧などの生活習慣病と密接な関係にあり、そのままにしておくと命の危険に及ぶこともあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療は、睡眠外来などでも行われています。

睡眠状態のデータを取るために、泊まり込みで寝ている間の脳波や呼吸の状態をみます。
そして、必要があればCPAPという、機械で酸素を体内に送り込むためのマスクを睡眠中に装着し、酸素を送り込む機械を使用することがあります。

同時に、肥満の方については、体重管理も厳密に行い、体への負担を少なくするように促していきます。