いびきは何科?

寝室の女性

いびきは病気の兆候だという話はよく聞きますが、どのような理屈でそう言えるのかはご存知でしょうか。
いびきから心配される症状は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」というものです。
寝ているときに呼吸しづらくなることで、いびきという症状が出るわけですね。

睡眠中の低呼吸のみで命の危険に陥ることは少ないですが、無呼吸・低呼吸は気づかぬうちに安眠を妨げます。
すると、睡眠時間は取っているはずなのになぜか昼間の眠気がある、という症状が出てきます。

それも、なんとなく眠いだけではなく、実際にも脳は酸欠により上手くやすめていません。
居眠りがデスクでおきるならまだ良いものの、運転中に居眠りしてしまっては大変です。
デスクでの居眠りにしても、脳が休めていないだけで体にまで不調が及ぶのは少々迷惑ですし、医師に相談するのが良いでしょう。

「睡眠時無呼吸症候群」は脳が休めない症状ですが、脳の病気ではなく、呼吸器の症状です。
なので、耳鼻咽喉科や呼吸器内科などの医師に診て貰うのが良いでしょう。
専門に「いびき外来」をやっている病院もあるので、一度調べてみましょう。